AGA治療に効果的な方法を口コミ・2chの評判が良い順にランキング!

薄毛・若ハゲに最適な髪型はボウズ一択!メリットデメリットは?

おっす!若ハゲボーイです!

 

髪型についてのお問い合わせが良く来るのですが、その中でも一番多いのが

薄毛で悩んでいるのですが、どんな髪型がいいですか?

というものです!!

 

髪型は、顔の形や会社での規則などもあるので一概には言えませんが、

僕はずーっと坊主頭です!!

 

今回は薄毛の人が坊主にするメリットとデメリットをまとめたいと思います。

また、坊主歴が長い僕のリアル感想なども書いておきますので、参考にどうぞ!

薄毛・若ハゲにとって坊主頭のメリットは?

学生の野球部のイメージが強い坊主頭。

髪型としては「ダサい」というイメージが付きまとますね。

とはいえ薄毛や若ハゲの人間にとって坊主頭は時として強い味方となります!

薄毛にとって坊主頭はどんなメリットがあるのか書いていきます。

坊主頭のメリット①薄毛をごまかせる

若ハゲ・薄毛の髪型で坊主頭にするメリットは

「薄毛をごまかせる」

というのが大きいのではないでしょうか。

 

実際に僕も坊主頭にする大きな理由の一つがこれです。

髪の毛が長いと、薄毛・若ハゲが余計に目立ってしまう事も多いですよね。

坊主にすれば髪の毛がある部分が少ない分「よくわからない」という状態になります。

坊主頭のメリット②お手入れが楽

坊主頭のメリットの一つに手入れが楽!というのがあります。

洗うのも楽!

乾かすのも楽!

セットだって必要なし(笑)

なんです。

髪の毛を乾かすのもドライヤーなんて必要ありません!

タオルでチゃチャッと拭けばOKなんです。

坊主頭のメリット③清潔に保ちやすい

坊主頭のメリットとして「清潔」にしやすいとうのもあります。

髪の毛が長い状態だと、髪の毛が濡れた際に乾かすのがおっくうだとおもいますが、坊主ならすぐに乾いてくれます。

塗れた状態が長引くほど菌が繁殖してしまうんですよね。

菌が繁殖すると不衛生なだけでなく臭いも発生してしまいます。

また、汗をかいてしまった時に髪の毛がべとべとに見えてしまったりすることもありますよね。

そういった心配もないのが坊主頭です。

坊主頭のメリット④コスト面でも優秀

坊主頭はコスト面でもかなり優秀です。

通常であれば、月に1回程度の美容室などが必須ではないでしょうか。

坊主頭であれば、自分でバリカンで5分もあれば完了します!

床屋であっても1000円とかでやってもらえるのではないでしょうか。

 

またシャンプーやリンスなど洗髪用品も坊主なら極少量で十分です。

育毛シャンプーなど結構お高いので大切に使いたいですよね!

そういった方にも坊主頭はおすすめできます!

坊主頭のメリット⑤髪型が乱れない・寝癖が付かない

坊主頭にすると、寝癖などが付かないので朝の支度が圧倒的に楽です。

また、髪型が乱れるという事もないのでセットなどを気にする必要もありません。

髪型やヘアスタイルに対する手間やストレスは皆無といってもいいでしょう!

薄毛・若ハゲにとって坊主頭のメリットまとめ

このように、薄毛・若ハゲにとって坊主頭はメリットがいっぱいです!

別に坊主頭でも構わないな~と思うのであれば試してみるのもアリですよ。

 

特に薄毛をごまかすことができるというのが大きいですよね。

 

ただしツルツル状態まで進行してしまっている場合は、

坊主=スキンヘッドとなるので坊主頭とは呼べないかもしれません。

薄毛・若ハゲにとって坊主頭のデメリットは?

それでは逆に坊主頭にしてのデメリットをまとめたいと思います。

坊主頭にしたいと思っている人はメリットだけではないので、

デメリットもしっかり知る必要がありますね!

坊主頭のデメリット①薄毛の進行状況によっては意味がない

メリットの所でも少し書きましたが、薄毛をごまかせると言っても薄毛の進行状況によります。

ある程度の薄毛であれば坊主頭にすることで薄毛ではないように見えることもありますが、

AGAがかなり進行してしまっている場合は、坊主にしてもごまかすことができない事もあります。

坊主頭のデメリット②仕事上してはいけない事も多い

坊主頭はスーツを着る職業など、仕事によってはNGとなります。

というか大半は坊主頭にしてはダメだと言われるかもしれません。

薄毛の状況によって、どうしても髪の毛を短くしたい場合はスキンヘッドも考慮しましょう。

綺麗なスキンヘッドであればスーツでも似合う事も多いですし、大丈夫な会社も多いと思います。

 

坊主頭のデメリット③ダサいorイカツい

坊主頭は人相によってですが、「ダサい」と思われたり「イカツい」と恐がられたりします。

ダサいと思われるのが嫌な場合は、色を変えたりオシャレ坊主などに挑戦するのもいいかもしれません。

ですが髪や頭皮のダメージ的にはあまりおすすめできません。

 

イカツいと恐れられてしまうタイプの人は、ヒゲなどはなるべく綺麗にして、

ファッションなどにも気を付けてみましょう。

坊主とヒゲとファッションが組み合わさると、それこそ恐い人になる恐れがあるで注意。

坊主頭のデメリット④似合わないファッションが出てくる

坊主頭にすると、似合わない服装が結構出てきます。

背格好や人相などによりますが、

トータルでファッションも考えてみると楽しめるのではないでしょうか。

坊主頭のデメリット⑤気候が直で影響する

デメリットだけとは言えませんが、坊主にすると気候による影響を受けやすいです。

例えば快晴だと頭皮を日焼けしてしまう事もあります。

薄毛的にも頭皮の直射日光は避けたいところですね。

坊主頭のデメリット⑥髪型に遊びがない

坊主頭は乱れやセットがない分、髪型で遊ぶことはできません。

坊主頭は坊主頭の一点張りです(笑)

薄毛・若ハゲにとって坊主頭のデメリットまとめ

このように、坊主頭もメリットだけではありません。

むしろ人によってはデメリットの方がおおきい髪型かもしれません。

坊主歴10年以上の管理人の体験・感想

若ハゲブログを運営している僕ですが、

AGA治療日誌などを見てもらうとわかるとおり僕もずっと坊主頭です!

 

なので髪型としての坊主頭の良いところ悪いところを

熟知しているつもりで感想を言わせてもらいますね。

 

先にメリットデメリットを書きましたが、僕の意見としても大体当てはまります(笑)

特に特筆したいのがメリットの方の「楽」という部分。

これは本当に楽!楽すぎてもう元に戻れなくなるレベル。

他のデメリットを差し置いても、管理人的には坊主の楽さを押したい!

 

デメリットですが「仕事」が重要だと思います。

仕事によっては坊主頭は良くないと思うので、そうでなければ薄毛の人は坊主をお勧めします!

 

ただし女性にはモテないことを覚悟してください。

いや!これは坊主のせいではない、己の問題が大きいことは百も承知!

このように坊主でも超絶イケメンは存在する!

ベッカムになりたい!

オススメの坊主頭の髪の長さは?

坊主頭と言っても髪の長さには、いくつかパターンがあるのを知っていますか?

  • 0.5ミリ
  • 3ミリ
  • 6ミリ
  • 9ミリ
  • 12ミリ

等が最近のバリカンでは多いですね。

よく「五分刈り」といわれますが、これは5ミリの長さの事で最近のバリカンではありません。

一番近い6ミリカットにするとほぼ五分刈りとなります。

 

6ミリくらいだと、見た目も丁度よいのですが2週間に一回程度はバリカンで切らないと伸びすぎな状態になります。

なので、僕は楽をしたいため0.5ミリで大体は髪の毛をカットしてしまいます。

下の画像が0.5ミリで切ったばかりの髪の長さですね。

アタッチメント無しで刈り取るので、相当短いです。

僕の様に全体的に薄い人はスキンヘッドの一歩手間位の感じになります。

 

あとは3ミリもたまにおこないます。

0.5ミリだとスキンヘッドみたいになるので、坊主感を出したいときはこっちの方がいいかもしれません。

 

↓が3ミリの時の髪の長さです。

薄いのであまり参考になりませんね。

6ミリになるとかなり長くなってきます!

全部、僕の画像で申し訳ないですが、大体こんな感じですね。

3,6,9、12ミリは坊主であるので好きな長さにしてみるのが良いと思います。

 

0.5ミリだけは急に短く感じるというか、

坊主と呼ぶかスキンヘッドと呼ぶかの瀬戸際でかなり青々しくなるので注意。

薄毛・若ハゲに最適な髪型はボウズ一メリットデメリットまとめ

薄毛や若ハゲの人にとってもメリットが多い髪型、坊主についてのまとめでした!

ボウズは本当に楽だし、慣れてしまえばこっちのもんです(笑)

周りも最初は驚かれるかもしれませんが、ボウズキャラが確立されれば、すぐに慣れてしまいますよ!

なんて、ボウズ仲間を増やそうとたくらむ管理人でした(笑)

 

それでは、また!!

関連記事:ブログ読者からの質問「かつらなので他に薄毛を隠す方法を知りたい」

関連記事:若ハゲ治療に!AGA治療と植毛について調べてみた。

 

 



↓当サイト一番の注目記事です!大手AGA医院へ突撃!!
【若ハゲが行きます】AGAスキンクリニックは口コミや評判が悪い?

【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

トップバナー トップバナー

↓当サイトの管理人が実践して本音で語る↓ トップバナー

スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ