AGA治療に効果的な方法を口コミ・2chの評判が良い順にランキング!

女性の薄毛は髪型でカバーする?ウィッグで改善する?DI_IMG_5638_TP_V

当サイトでは主に男性の薄毛・若ハゲについて取り扱っていますが、女性の薄毛も増加している!という事で今回は女性向けの記事となります。

今回は女性の薄毛と髪型・ウィッグについて書いていきたいと思います。

女性の薄毛、髪型でどうにかなる?!

男性も薄毛に悩まされると、髪型でカバーしようという気持ちになりますが、女性の場合はどうでしょうか。

女性の薄毛も男性同様のFAGA(女性男性型脱毛症)びまん性脱毛症になってしまうと、髪の分け目から地肌が目立ってしまうケースが多く、髪型でカバーするのは中々難しいと言えます。

そこまで薄毛の進行が進んでいない場合は、ドライヤーをあてて髪の毛をボリュームアップさせるという方法もあります。

また、タイトルにも書いていますが気になる部分にウィッグを使用するという手段もありますね。

女性は髪型がロングだと薄毛になりやすい?

薄毛に悩まされる多くの女性がロングヘアーだから重さで抜け毛が激しい!と思ってしまう事が多いそうです。

ですが、それは医学的には当てはまらないそうです。

実際に町を見渡せば、ロングヘアーでもボリュームがしっかりある人と抜け毛が激しく薄毛に悩んでいる人がいるでしょう。

抜け毛は髪の毛事態の重さは関係なく、頭皮が弱っている場合にすでにヘアサイクルが乱れて抜ける予定だった髪の毛がブラッシングするだけで、簡単に抜けてしまうようです。

ただ、ロングヘアーの人が注意したいのは、短い髪と比べてロングヘアーの女性はシャンプーをするにも乾かすにも手入れが大変で、髪の毛は乾いているけど頭皮は湿っているなどの理由から雑菌が繁殖してしまい、頭皮が弱ってしまう場合もあります。

そういった頭皮環境の悪化から抜け毛が促進してしまうという可能性はあります。

女性の髪型を薄毛対策に短くしたらどうだろう?

CRI_IMG_6106_TP_V「私は、手入れに自信がないからショートの方が安心かな。」

「今までロングヘアーにしていて抜け毛が激しいからショートにした方がいいかな?でも、ショートが似合うかわからない。」

抜け毛で悩んでいる人の中にはこういった考えが出てくる人も多いと思います。

似合うか似合わないかは分かりませんが、薄毛の原因は何であれ現在の頭皮ケアに自信がない場合は、思い切ってショートカットにしてしまうのも手です。

ロングヘアーだとどうしても、手入れも面倒になりがちで、ケアがおろそかになってしまうからです。

凄く頭が軽くなって、下に引っ張られる重みもなくなり、ロングヘアーの時にはなかったボリュームも出すことができるとおもいます。

頭頂部あたりはショートカットの方がボリュームを出しやすく薄毛をカバーしやすいと言われていいます。

その間に、女性専門の薄毛クリニックなどで頭皮ケアをおこなって薄毛改善を目指すのもいいですね!

長年ロングヘアーでショートヘアー未経験の方でも、時間が経てば周りの目も自分自身も馴染んでくるので、薄毛を改善するためにもヘアスタイルの変更を視野に入れましょう。

女性用ウィッグで髪型を変更して薄毛を解消するという選択肢

  • 自分の髪の毛では薄毛を隠しきれない。
  • 地肌が見えてしまっている、もっとボリュームがほしい。
  • 薄毛の治療をしているけど、改善までに時間がかかる。

という人は、一時的にウィッグを利用している女性も多くいます。

女性のウィッグには、

  • フルウィッグ
  • ハーフウィッグ
  • トップピース(部分ウィッグ)

等の種類があります。

人毛と人工毛のタイプがあり、人毛は本物の人の毛で自分の毛と同じように扱う事ができ、ドライヤーをかけたりパーマをかけることも可能です。

人工毛は、手入れが楽で形崩れもしにくいですが、化学繊維なのでドライヤーや高温の熱には弱いので注意が必要です。

今は人毛と見分けの付かないものが多く売られていますが、1万円以下の物は不自然にツヤがでていて明らかにウィッグと分かってしまうものもあります。

それぞれメリットデメリットがあるので、ウィッグを利用する場合は下調べが必要となります。

薄毛で悩む女性は、自分の髪型や毛質に合う薄毛用ウィッグを!

選び方のコツとしては、まず自分の髪の毛に近いものを選ぶようにすると良いでしょう。

自分の髪質がくせっ毛か直毛なのか?

髪の色は黒めか茶色か?

などなど、自分の髪に合わせて選んでいけば、そう不自然にはなりません。

違和感がある場合は、ウィッグに自分の髪を合わせて染めるという方法も視野に入れておきましょう。

また、フルオーダーにすれば自分の髪に合わせて自然で目立たないウィッグを作ってくれます。

色、髪質、サイズ、毛量を調整して作ってくれるので、まずウィッグだと周囲にはわからないと思いますが、費用が高いので悩みどころです。

自分の髪型を生かして薄毛解消!

それでは、自分の髪の毛をボリュームアップさせて薄毛をカバーする方法を紹介します。

ドライヤーは髪の毛に熱を与えた後、冷風をあてると熱を与えていた時の髪型になります。

このドライヤーテクニックを使って、薄毛気になる部分の髪の毛にボリュームをだしていきます。

この際、形が崩れないよう、スタイリング剤を使って髪型を整えていくのもオススメです。

前髪の薄毛を隠したい場合は、トップから多めに前髪の方へ髪の毛をもってきて横流しにすると目立たなくなります。

分け目が気になる場合は、周辺のボリュームを出してカバーしていきましょう。

薄毛の進行具合にもよりますが、このようにすればウィッグを使わなくてもある程度は自分の髪で薄毛は解消できます。

最終的には、ウィッグという手段もありますが、値段もかかってしまいますし、まずはちゃんとした頭皮ケアで、健康な頭皮を作ることで薄毛を改善していきたいですね。

薄毛で悩む人の髪型やウィッグの考え方

髪型を工夫したり、ウィッグを利用するというのは「髪薄いから隠したい」と思ってそうするわけです。

つまり「一時しのぎ」「ごまかしている」にすぎません。

まだ薄毛の進行が今の状態のうちが改善のチャンスかもしれません。

最近では女性の薄毛専用クリニックや薄毛シャンプーなどもありますので、生活面を見直しつつクリニックなどを活用してみるといいでしょう。

「周囲にバレる前になんとかしたい!」

と、思うのは男性も女性も一緒ですので、やはり薄毛改善はまず専門医院などで詳しく相談を受けるのが最善ですね。

関連記事:TBC(東京ビューティークリニック)の薄毛治療を体験させてもらいました!

 

 



↓当サイト一番の注目記事です!大手AGA医院へ突撃!!
【若ハゲが行きます】AGAスキンクリニックは口コミや評判が悪い?

【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

トップバナー トップバナー

↓当サイトの管理人が実践して本音で語る↓ トップバナー

スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ