AGA治療に効果的な方法を口コミ・2chの評判が良い順にランキング!

カラーリングをすると若ハゲの原因になる!?嘘か本当か調べてみた 

若ハゲの原因!?髪のカラーリングをする人は若ハゲになるとは思っていない

髪のカラーリングって、今や小学生でも普通におこなっていますよね。

中学生くらいなら全然特別なことじゃなく、ちょっと見た目に気を使う人なら当たり前のことって感じです。(校則などもありますけどね)

確かにカラーリングで印象がかなり変わりますし、大事な場面ではカッコよく、または良いイメージを演出したい!

まさに老若男女問わず、カラーリングは欠かせない表現方法なのかもですよね。

ですがみなさん、カラーリングをすると若ハゲの原因になる!?って話、きっとどこかで聞いたことありますよね。

確かにあの臭い…髪の色を変えるんだから、相当ヤバいことをしてるに違いない!って何となく感じてたり…
でもまあ、自分は大丈夫だ!なんてかんがえちゃいます。

実際問題、本当にカラーリングをすると若ハゲの原因になる!?って知りたくないですか?

この際、嘘か本当かはっきりさせましょう!

カラーリングをすると若ハゲの原因になる!?の本当…髪と頭髪の関係!

まず、「カラーリングをすると髪がダメージを受ける」というのは事実。

多分みなさんの想像通りじゃないかと思います。ただし、「髪がダメージを受けても、若ハゲになるとは限らない」んです。

つまり「カラーリングをすると若ハゲの原因になる!?は嘘であり、本当でもある」

ってことなんです。

ん?なんか微妙…ってか意味不明!?実はそんなみなさんに、ちょっと知ってほしい「違い」があるんです。

「髪がダメージを受けても、若ハゲになるとは限らない」、実は若ハゲの原因は「頭皮のダメージ」によるものなので、髪のダメージ自体が若ハゲにそのまま繋がるわけではないという意味でした。

若ハゲにとって「頭皮」と「髪」は影響が違うということです。

じゃあ一安心…でもないんです。

自分でヘアカラーを買ってきてカラーリングすると、絶対に「頭皮」に染料がつきますよね。

染料が頭皮の毛穴をふさいでしまうため、発毛を阻害して抜け毛が増えやすい状態になります。

だから結局「カラーリングをすると若ハゲの原因になる」なんですね。

若ハゲの原因!?カラーリングか若ハゲか!?カラーリングは絶対ダメ?

カラーリングをすると若ハゲの原因になる!?それは困る!

でもみなさん、カラーリングは絶対ダメ!ってなるとそれもキツいはず。

なので絶対ダメ!ではなく、カラーリングをする時に気をつけること、ダメージを小さくする方法について覚えておきましょう!

若ハゲ防止の基本中の基本、カラーリングはヘアカラーやブリーチではなく、なるべく「ヘアマニキュア」を使ってください。

ヘアカラーというのは、強力なカラー液で髪のメラニン色素を分解してから染料を沈着させる方法、ブリーチは最初に髪を脱色した後に染めるという方法で、どちらも刺激が強く、髪や頭髪へのダメージが大きいのです。

特に自分でカラーリングする場合は刺激が少ないヘアマニキュアで、ヘアカラーを選ぶなら、頭皮にカラー液をつけないようにしてくれる、プロの美容師さんにお願いするのがいいですね!

またカラーリングは、どの方法にしても頻繁にやりすぎず、適度な間隔をあけることです。

いかがでしょうか?

髪のカラーリングはあくまでもあなたを演出してくれる名脇役。

やりすぎで若ハゲになってしまったら本末転倒、シャレにならないですよね!カラーリングとは適度な関係を保って、いつまでも素敵なあなたでいたいものですね!

 

 



↓当サイト一番の注目記事です!大手AGA医院へ突撃!!
【若ハゲが行きます】AGAスキンクリニックは口コミや評判が悪い?

【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

トップバナー トップバナー

↓当サイトの管理人が実践して本音で語る↓ トップバナー

スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ