AGA治療に効果的な方法を口コミ・2chの評判が良い順にランキング!

パーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすいって本当か調べてみた

パーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすいって本当?原因と対策を調べてみた!

あなたはご自分の髪質、好きですか?

日本人は直毛の場合が多く、髪をセットするのも大変。

でもパーマをかけると簡単にカッコよくまとまりやすいんだよねえ…なんて人も多いのでは?

もう日本人の髪のオシャレには欠かせないパーマ、でも「パーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすい」ってたまに聞きませんか?

本当だとしたら、お年頃?のアナタ、髪のオシャレどころじゃないですよね!?

実際にパーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすいって本当?原因と対策を調べてみた!

まず知っておいてほしいこと、「パーマによって髪がダメージを受ける」というのは事実です。

きっと噂はこのあたりから来てるんでしょうね。

でも正確には、パーマをかけることが直接若ハゲの原因にはなるわけではないんです。

ややこしいですね!

なので「パーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすいって本当?」って聞かれたら、「そうとも言えますけど、そうじゃないとも言えますね!」って答えるしかないかも!?

パーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすいって本当!?…パーマと若ハゲ・薄毛の関係は?

「パーマによって髪がダメージを受ける」のは事実…と言いましたが、若ハゲ・薄毛は「髪」ではなく、「頭皮」のダメージによってなりやすいんです!

つまり「パーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすい」というのは、パーマをかけるときに使った「パーマ液」がシャンプーしても頭皮に残りやすく、このパーマ液が毛根をふさいだ状態に陥って、結果として頭皮のかゆみや炎症を引き起こして抜け毛が増える、という理由で「本当」と言えるんです。

そもそも「髪がダメージを受ける」こと自体、髪の栄養が不足して発毛の力が弱くなるということですから、これも結局は若ハゲ・薄毛のキッカケになってしまうんですよ。

パーマをかけると若ハゲ・薄毛になりやすいって本当!若ハゲ・薄毛にならない方法ってあるの?

若ハゲ・薄毛になりやすいからといって、パーマ絶対禁止!にするのはちょっと…。

人によっては、パーマが自分のイメージに欠かせない場合もあるでしょう。

パーマってそれくらい日本人の日常に根付いていますからね。

ここでは絶対禁止!ではなく、パーマで出来るだけ若ハゲ・薄毛にならない方法について考えてみましょう!

ポイントはパーマをかけた後の、髪のいたわり方です。

パーマをかけた後の髪はアルカリ性になっており、キューティクルがゆるんで水分・栄養分が流れやすい状態です。

弱酸性アミノ酸系のシャンプーを少なくとも1週間は使ってください。

またトリートメントは、栄養補給のできるしっかりした成分のものを選んで。

髪を乾かす際は、パーマの後はクシ通りが悪くなっていますので、髪の負担を避けるためにクシは使わず、手グシで整えた方が良いでしょう。

いずれも、ヘアスタイルにうるさいアナタなら、もう実践していることかもしれないですね。

ヘアスタイルにこだわるのも、ステキな自分で居たいから。

パーマのかけすぎで若ハゲ・薄毛になってしまうなんて、アナタ自身がかわいそうです。

何事もほどほどに、髪には愛情をもって…いつまでも自慢できる髪でいましょうね!



↓当サイト一番の注目記事です!大手AGA医院へ突撃!!
【若ハゲが行きます】AGAスキンクリニックは口コミや評判が悪い?

【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

トップバナー トップバナー

↓当サイトの管理人が実践して本音で語る↓ トップバナー

スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ