AGA治療に効果的な方法を口コミ・2chの評判が良い順にランキング!

自毛植毛と育毛剤の治療法と治療費用を比較してみましょう!doctor6_7

自毛植毛と育毛剤、治療法を比較

育毛剤のメリットとデメリット

育毛剤のメリットとしては、医学的報告がきちんとあげられているため、安心して使用できることにあります。

逆にデメリットとしては、頭皮のかゆみなどの副作用も報告されているということ、そして継続費用が必要であることがあげられます。

自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛には、専門機関でしか治療できないというデメリットがありますが、メリットのほうが圧倒的に多いです。

自毛植毛は自分の毛髪を薄くなった部分に移植する外科的治療です。

AGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい後頭部の毛髪を、薄毛が気になる箇所に周囲の細胞ごと移植するので、移植された髪はAGAの影響を受けることなく一生涯生え続けます。

髪を移植するというシンプルな治療法のため、育毛剤や発毛サロンのように効果に個人差もなく、誰でも希望通りに毛量を増やすことができるのが最大のメリットです。

一度移植すれば特別なメンテナンスの必要もなく、安全かつ自然な状態でボリュームアップした毛髪が維持できるので自毛植毛はまさにAGAに対する切り札といえるでしょう。

育毛剤と自毛植毛それぞれにかかる治療費用

freee151108039472_TP_V

育毛剤の一般的な費用例

一般的な育毛剤は安くて5千円程度から高いと2万円ほどかかります。

かつらに比べると費用はかなり下がりますが、実感を得るにはかなり長い期間が必要になるため(長期間使用しても効果を得れるかどうかは別問題です)、効果があるのか無いのか?わからないまま育毛剤を使用し続けなければなりません。

10年間使い続けた場合の平均費用は100~150万円、生涯使い続けた場合の費用は500万か800万円と言われています。

育毛剤入りシャンプー費用

育毛剤入りシャンプーは企業により価格の差はありますが、だいた3000円~7000円くらいです。

基本的に育毛剤と育毛剤入りシャンプーを併用している方がほとんどです。

育毛剤入りシャンプーによる研究の報告はきちんとあげられていません。

また、継続的に費用が必要になります。

効果があるかどうか分かりませんが、気休めにはなると思います。

生涯使い続けた場合の費用は300万から500万円と言われています。

市販の育毛剤や育毛剤入りシャンプーは使い続けることが前提となっています。

使うことをやめてしまえば、当然ながら効果はなくなります。

AGAの内服薬も同様に続けなければ効果はなくなります。

効果が定かではない育毛剤や育毛剤入りシャンプーを維持をするためにコストがかさみ、かえってストレスがかかっていますという声も数多く耳にします。

これらはストレスを抱える上に、根本的な解決にはなっていません。

ではどうやってストレスなく育毛すればいいのでしょうか。

おすすめしたいのが自毛植毛です。

自毛植毛にかかる費用

自毛植毛手術にかかる費用は200万から300万円といわれています。

また、維持するための費用は基本的に一切かからず、定期的な通院も不要です。

更には自毛での植毛である為、植毛後は「自力で髪の毛が生え続ける」ことになります。

見た目の問題も確実に改善されるため「対費用効果」は他の育毛手段の比ではありません。

最近では若い世代が早い段階での見た目の改善や、育毛剤等による生涯コストと時間の浪費などと比較して、自毛植毛を選択する方が多いようです。

市販の育毛剤を使い続けることで実感を得られるという方ももちろんいらっしゃいます。

その方はその育毛剤が自分に合っているということだと思います。

使い続けることをおすすめします。

しかし、継続的な費用をかけずに一度の手術ですぐに実感を得たいという方は自毛植毛手術をご検討なさることをおすすめします。

関連記事:植毛クリニック「アイランドタワークリニック」の費用、口コミ、施術方法を徹底調査!

 



↓当サイト一番の注目記事です!大手AGA医院へ突撃!!
【若ハゲが行きます】AGAスキンクリニックは口コミや評判が悪い?

【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

トップバナー トップバナー

↓当サイトの管理人が実践して本音で語る↓ トップバナー

スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ