AGA治療に効果的な方法を口コミ・2chの評判が良い順にランキング!

自毛植毛と他の薄毛治療の費用と治療内容を比較してみたfreee151108039472_TP_V

自毛植毛の費用は他の薄毛治療より安いのか?比較してみました。

薄毛、AGA 、若ハゲと現代のストレス社会を象徴するように、薄毛の人口も増えているというデータがあります。

それにともなって医療の技術も向上しているので、自毛植毛などの技術が最近は特に目立ってきていますね。

一部の経験者の間では、

「他の薄毛治療をする前にまずは自毛植毛を検討しろ!」

と強くすすめられているには、費用面成果(見た目が変わるか?)の違いが「他の薄毛治療と比較してどうなのか?」という点が大きく関係しているのです。

今回は、費用面から自毛植毛とその他の薄毛治療を比較してみたいと思います。

自毛植毛以外の薄毛治療とは?費用はどれくらいかかる?

  • かつらの費用

大手メーカーのかつらを購入費用を調べてみると250万円ほどとなりました。

その他ウィッグやかつらも調べてみましたが、費用面ではとびぬけて高い印象でした。

コンプレックスを改善することは出来ますがこれだけ費用が掛かると悩みますよね。

しかも、生涯使い続けられるという保証もありません。

また、メンテナンスにも費用が掛かります。

10年程度使い続けた場合の費用は、最低でも500万から1000万円はかかるだろうと言われています。

また、費用面以外にも「見た目でかつらだとバレてしまう」というリスクも抱えています。

  • AGA内服薬の費用

AGA治療専門のクリニックは増えてきていますが、費用的にはどうでしょうか。

一般的にAGA治療クリニックでは

  • 内服薬
  • 外用薬(育毛剤)
  • 注射治療(クリニックオリジナル治療)

となっていることが多く、内服薬だけでもかなり改善できるというデータもあります。

費用の面では内服薬と外用薬を1か月使用して2~3万円が平均的で、最も効果が期待できる注射治療などが1回で5万円~というクリニックが多いようです。

注射治療の回数は選べる事が多く、6回程度使用するだけでかなりの効果があるので、1回の治療費は高価ですが「使い続けなければならない」といった治療ではなさそうです。

AGA治療クリニックはかつらに比べると費用はかなり下がりますが、実感を得るには最低でも半年程度は必要になるため、通院をしながら薬剤を使用し続けなければなりません。

通院も月に1回程度であったりするので、その辺のデメリットは少ないとは思いますが、やはり「薬」を使い続ける身体へのダメージが心配の種となりそうです。(そのため、AGA治療薬を使う際は必ず医師と相談しながら利用することがもとめられています。)

月額3万円として年額40万円弱となり、10年使うと400万円ほどの費用と言われています。

AGA治療は薬をメインとして利用するので、常に薬を飲み続けるというところが「治療を続けていくのか?」という部分の分岐点となりそうです。

  • 育毛シャンプー費用

医療用の育毛シャンプーは企業により価格の差はありますが、だいたい1か月用が3000円~6000円くらいです。

医療用育毛シャンプーによる研究の報告はきちんとあげられていません。(つまり実際に発毛や育毛効果があるかは不明)

また、ランニングコスト(使い続けるための費用)が必要になります。

効果があるかどうか分かりませんが、育毛のスタートとしては費用的には簡単に始められるという事に加えて、発毛や育毛とは関係なく「頭皮の状態を良くする」という観点から言えば「やって損はない」育毛方法ではあると思います。

10年使い続けた場合の費用は50万円前後になると言われています。

  • 育毛剤の費用

現在、薄毛の治療には「とりあえず」育毛剤という傾向が強い昨今ですが、育毛剤の効果は人それぞれで、また効果を実感するレベルなのはほんの数%程度と言われています。

費用の面で見ると1ヶ月7000円~15000円が相場となっており、市販の育毛剤は使い続けることが前提となっています。

使うことをやめてしまえば、当然ながら効果はなくなりますし、効果が表れるのかも定かではありません。

生涯使用を続けなければならないのも厳しいところです。

10年間継続した費用は約120万円前後になるといわれています。

  • 育毛サプリメントの費用

育毛に特化したサプリメントというものも存在します。

育毛に有効な成分や、体内環境を整える成分が配合されていることが多く、1か月分で5000円~10000円が相場となっています。

シャンプーや育毛剤と同様に、効果は「実際に使ってみるまで分からない」です。

ですが、ビタミンや髪の毛以外にも良い成分が配合されていることも多く、「身体の調子を整える」意味では悪いものではないです。

10年間使い続けた場合の費用は100万円前後となっています。

 

 

現代に存在する薄毛治療をザッと一覧で挙げてみましたが、医学的に効果があるとされているのはAGA治療だけであり、そのAGA治療薬も使い続けなければ効果はなくなります。

かつらは即効性があり、定期的な通院などはありませんが、かつらのメンテナンス費用がかかったり、作り直しをしたりと費用面では断トツでかかってしまいます。

また、かつらは先ほども書いた通り「周りから気づかれてしまう」という心配やリスクが発生するため、使う人がそのあたりをどう考えるかが肝となる薄毛改善方法ですね。

そのためにかえってストレスがかかっていますという声も数多く耳にします。

これらはストレスを抱える上にその場しのぎであるため、根本的な解決にはなっていない事が多いようです。

自毛植毛の薄毛治療とは?費用はどれくらいかかる?

そこで、今回おすすめしたいのが自毛植毛です。

自毛植毛には、専門機関でしか治療できないというデメリットがありますが、メリットのほうが圧倒的に多いです。

自毛植毛は自分の毛髪を薄くなった部分に移植する外科的治療です。

AGA(男性型脱毛症)の影響を受けない後頭部の毛髪を、薄毛が気になる箇所に周囲の細胞ごと移植するので、移植された髪はAGAの影響を受けることなく一生涯生え続けます。

髪を移植するというシンプルな治療法のため、育毛剤や発毛サロンのように効果に個人差もなく、誰でも希望通りに毛量を増やすことができるのも最大のメリットです。

一度移植すれば特別なメンテナンスの必要もなく、安全かつ自然な状態でボリュームアップした毛髪が維持できるので自毛植毛はまさにAGA(男性型脱毛症)に対する切り札といえるでしょう。

また、費用面でも1度の治療で50万から200万円ほどとかなり安くなっています。(※植毛する量や範囲で費用が変動します。一般的なAGA範囲の治療だと100万円以下のことが負いようです。)

自毛植毛と人工植毛の違い

自毛植毛というと、同じ植毛技術に「人工植毛」というものがあります。

人工植毛と自毛植毛はどう違うのか気になりますよね?

人工植毛というのは、文字通り人工的に作られた髪の毛を使い植毛していきます。

自毛植毛と何が違うのか?というと、「定着率」「費用」です。

「定着率」というのは、「植毛後に髪の毛が実際に頭皮に残る比率」のことで、定着率が低ければ植毛をするメリットがなくなってしまうわけです。

自毛植毛は元々自分の体の一部であるために定着率は高く、一年経過した場合の定着率が「80~90%」はあるとされています。(クリニックによっては95%以上!と技術を売りにしているクリニックもあります。)

それに比べて、人工植毛は「頭皮とって異物」と認識されてしまうことも多く、いくら腕の良い医者が手術をしたとしても「50~60%」がいいところだという話です。

実際には人工植毛のクリニックでは「定着率90%実現!」と宣伝していることもありますが、やはり自毛植毛にはかなわないという事は覚えておいた方がよいと思います。

そもそも人工植毛は、自毛植毛の技術が出てくる前(つまりできなかった時代)にやっていた手法でもありますので、どちらを選ぶべきかは明白です。

「植毛手術費用」に関しても、人工植毛は「本数毎」で価格が分かれており、最低でも100万円程度はかかってきます。

しかも、「費用をかけて買った髪の毛」の定着率が悪くて抜け落ちてしまうのであれば、より多く見積もっておかなければならないのでムダも多いという事になります。

自毛植毛の薄毛治療、維持するのにかかる費用は?

MAX87_yononakakaneshidai20140531_TP_V

自毛植毛のいいところは、最初の植毛手術代金以降は、これ以上の費用はかからないというところです。

他の薄毛治療方法ですと、維持をするために多額の費用がかかってストレスがかかってしまうのですが、自毛植毛は一度手術を行ってしまえば、それ以外の費用はかかりません。

通院する必要も一切不要というのが魅力ですよね。

手術後に何か問題があれば専門医がすぐに相談に乗ってくれます。

自毛植毛にはデメリットはないの?

実際に自毛植毛と聞くと

  • 手術か・・・・痛そうだな・・・
  • 植毛したらバレそう
  • 自毛植毛で取られた部分の髪はなくなる?
  • 手術跡が残るって聞いたけど・・・

このような意見が多く聞かれます。

以前に管理人も自毛植毛の「無料カウンセリング」に参加した経験があり、その際にそういった疑問をいろいろと聞いてきたので、回答を書いていきたいと思います。

関連記事:【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

自毛植毛の手術は痛い?

この、自毛植毛の手術は痛いのか?という問題は管理人も一番気になっていました。

手術って聞くとどうしても身構えちゃいますよね。

カウンセラーやお医者さんが言うには、「頭皮に塗る麻酔を使う」とのことで、手術中の痛みは皆無だということ。

手術後に麻酔が切れたらどうか?といった部分もしっかり聞いてきたのですが、「激痛ではないがプツプツとした痛みを感じる方もいます」といった回答でした。

実際は血はすぐに止まってかさぶたになるらしく、「当日だけ激しい運動や入浴を控えてください」ということです。

つまり翌日には通常営業?(笑)に戻れるわけです!個人的には大した手術でもないんだな~というのが感想です。

また、自毛植毛自体の技術もクリニックによってピンキリで、僕が無料カウンセリングへと参加させていただいたアイランドタワークリニックでは最新の手術法により、傷跡が最小限で済む「i-Direct法」を取っていると言っていました。

以前は、髪の毛を採取する際に横一直線に切って採取するのが主流だったそうです。

これは傷跡も残りやすく、手術としても大がかりだったそうですが、「i-Direct法」は毛根を1株づつ採取していくため、頭皮や人体への負担が最小限で済むだけでなく、植毛後の定着率もとても高い手術法だということでした。

植毛したらバレそう

上記のような「i-Direct法」などにより、傷跡も残らない為、「植毛したな!」というのはわかりづらいそうです。

ですが、他の治療の様にじわじわと髪の毛を再生させる方法ではない為、今までつるつるだった部分に突如髪の毛が現れるわけですから、「何かしらをおこなったことがバレる可能性」のほうが高いと思います。

しかし、植毛時は短い毛の植毛となるため、徐々にふさふさとなっていくので、大きな違和感は与えないだろうという事は思いました。

それに加えて、ネットで自毛植毛をおこなった口コミを見ても、「カミングアウトやバレた!と思うのは一瞬だけど、人生が変わるような髪の毛を手に入れるのは一生」という事がたくさん書かれており、デメリットの何倍もメリットがあることがわかります。

自毛植毛で取られた部分の髪はなくなる?

自毛植毛で使われる、AGAの影響がない部分の側頭部や後頭部の毛根は採取されるため無くなるそうなのですが、「i-Direct法」というのは毛根単位で採取していくため、バランスよく採取していけば、見た目はほぼ変わりがない程度に採取していけるそうです。

これこそが「i-Direct法」のメリットであり、真骨頂でもあると言っていました。

手術跡が残るって聞いたけど・・・

これに関しても、先ほど書いた通り以前おこなわれていた大きい手術が必要なくなったことで手術跡はほとんど残らないそうです。

「i-Direct法」は、そういった観点からも人気が高い薄毛治療となっているそうです。

自毛植毛と他の薄毛治療の費用と治療内容を比較まとめ

お手軽に始められるイメージがある育毛剤やシャンプーといった薄毛治療も「気休め」にはいいかもしれません。

AGA治療も効果があることは立証されているので、選択肢の一つとして選ぶのもいいと思います。

ですが、自毛植毛が薄毛治療で選ばれる事がどんどん増えてきているのには理由があったんですね。

最近では10代や20代の若い層「早めに植毛してしまえば、その後はメンテが必要ない」という理由で選んでいることが多いそうです。

実際に管理人も無料カウンセリングに行った時の感想としては、「AGA治療か自毛植毛の2択」が最初に選ぶ薄毛治療としては良いなという感想です。

費用や即効性、確実性を重視するなら自毛植毛は薄毛治療の中でも最有力でしょう!

今回紹介したアイランドタワークリニックのカウンセリングは無料ですし、カウンセリングに行ったから治療を受けなければいけないということもありませんでしたので、詳しく話を聞いてみると薄毛が改善される近道となりそうですよ!

自毛植毛のアイランドタワークリニック公式ページ



↓当サイト一番の注目記事です!大手AGA医院へ突撃!!
【若ハゲが行きます】AGAスキンクリニックは口コミや評判が悪い?

【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

トップバナー トップバナー

↓当サイトの管理人が実践して本音で語る↓ トップバナー

スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ