【女性の薄毛治療】デュタステリドはなぜ危険?服用できる薬は?

女性の薄毛治療、デュタステリドとはなに?

デュタステリドという言葉を聞いたことあるでしょうか?

聞きなれない言葉なので何?と思う人は多いかと思いますが、薄毛AGA治療に効果があるとされている成分の名前です。

一般的には、フィナステリドという成分の薬が用いられています。

フィナステリドとは、男性型脱毛症(AGA)の改善効果があるとされる成分でデュタステリドはそのフィナステリドと同様の成分となります。

もともと、デュタステリドは前立腺肥大の治療に使われていましたが、薄毛、AGAに効果があるとされ最近注目を集めています。

デュタステリドは、男性ホルモンに働きかける薬にはいっている成分であるため男性の薄毛には効果はありますが、女性には効果がなく大きな危険があるとされており、触る事さえ厳禁です。

女性の薄毛治療には危険!デュタステリドを徹底調査

女性はどうしてデュタステリドを服用しちゃいけないの?

最近では女性の方が薄毛で悩んでいる人が多いですが、女性は男性ホルモンが少なく、デュタステリドを使用しても何の効果もありません。

しかし、妊娠中、妊娠可能性がある人、子作りをしている人などが服用すると胎児の生殖器の成長に悪影響を与えてしまう可能性があります。

飲むだけでなく薬に触るだけでも皮膚に吸収し体内に入ってしまい、胎児に危険が及ぶ可能性があります。

少し触れるだけでも危険です!

子供が触れることも危険なので手の届かないところへの保管をオススメします。

フィナステリドも一緒で服用、触るのも危険ですので十分注意してください。

デュタステリド副作用とは?

鼻咽頭炎、勃起不全、食欲不振、だるい、吐き気などの副作用を伴う場合があります。

デュタステリドを服用し何か気になる症状がでた場合にはすぐに病院にいくことをオススメします。

デュタステリドが成分のザガーロはどこで販売されてるの?保険は効く?

ザガーロは保険が効かず、全額負担になり育毛専門クリニックで購入することができます。

最初に検査がありその結果によっては処方されない場合もあります。

約10,000円~13,000円で購入できます。

女性の薄毛治療にデュタステリドが危険なら服用できる薬は何かあるの?

  • パントガール

病院によって違いますが、一般的に用いられるのがパントガールです。

男女兼用ですが、副作用もなく安心して服用することができます。

  • ルグゼバイブ

ルグゼバイブという内服薬もあります。

成分は、パントガールと一緒とされていますが、今ではパントガールよりも効果があるのではないかという説もあります。

副作用もなく男性も服用することもできます。

  • ミノキシジル

ムダ毛が濃くなる、めまいが起こると言った副作用はありますが、ミノキシジルも効果があるとされています。

FAGA以外には効果が無いとされていますが、一般的にあげられるのはミノキシジルタブレットです。

ルグゼバイブ以外は、医薬品のため病院で診察のもと処方されることになります。

保険もきかず全額負担になります。

女性の薄毛治療、デュタステリドのまとめ

デュタステリドは、もとは前立腺肥大の治療に使われていたもので、最近になり薄毛、AGAに効果があるとされ薄毛治療に使われていますが、女性には効果がなく危険がともないます。

妊娠中、可能性のある人などは特に注意しなくてはなりません。

服用はもちろん触れただけでも胎児に悪影響を与えてしまうので周りで使用しているひとがいるのであれば触れないよう注意してください。



スポンサードリンク

【若ハゲが行きます】AGAスキンクリニックは口コミや評判が悪い?


AGA治療に効果的な方法を口コミ・2chの評判が良い順にランキング!

【管理人ガチ体験談】植毛医院「アイランドタワークリニック」に無料相談行ってみました!

トップバナー トップバナー
スポンサードリンク


ページTOPへ

サイトTOPへ